健診センターで働こう!看護師のお仕事予備知識&求人選びのポイント

MENU

健診センターで働く看護師の仕事内容

看護師の職場の中の一つに、健診センターがあります。健診センターの中にもいろいろとあって、専門的なセンターもあれば、病院の中に併設される格好で運営されているケースもあります。人間ドックや健康診断をサポートするのが看護師の主な仕事です。

 

受付や血圧測定、血液検査のための採血、視力・聴力検査、身体測定などのサポートを実施します。ちなみに実際の検査に関しては専門の検査技師が担当する形になります。ちなみに採血は大きな規模の健診ともなると、1日100人単位で作業をしないといけないケースもあります。いかに素早く的確に採血ができるかは重要なポイントになります。

 

また健診センターの中には、看護師が不足しているケースもあります。このような所で仕事をする場合、担当が日によって変わるケースも十分考えられます。

 

このため、柔軟に言われた仕事を捌けるような能力も必要とされる職業と思っておいてください。教育制度のしっかりとしているセンターもありますので、そのような所に就職すると安心です。

 

さらに、保健師資格者を優遇する求人の場合、市役所の保健師採用情報ガイドでも触れられている通り、仕事内容の範囲も異なるので注意しておきましょう。健康指導に関する知識が必要になります。

 

健診センターの看護師求人を探す前に気になる給料事情

健診センターへの転職を検討している看護師の中で、どの程度の給料がもらえるのか気になるという人もいるでしょう。健診センターの看護師の給料ですが、事業所によって若干の違いがあるようです。どの程度の忙しさかによって給料に差が見られるので、忙しくても高い給料をとるのか、多少安くてもいいので自分の時間をきちんと確保したいのかを考えておいてください。

 

正規職員として健診センターに就職した場合、月給は22万円から27万円の間といったところが相場のようです。病棟看護師の基本給と同じくらいだと思いましょう。夜勤手当がつかないので、病棟勤務と比較すると多少安くなると思っておいてください。都市部の健診センターの方が給料では高めの傾向が見られます。

 

健診センターの求人の中には、パートやアルバイトとして仕事をしてくれるスタッフを募集する案件もたびたび見られます。パートやアルバイトで仕事をした場合、首都圏で時給1500〜2000円程度といったところが相場だと思っておくといいでしょう。